スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッション記録雑感

  • 2015/03/09 16:22
  • Category: TRPG
昨日TRPGで3度目のGM経験を経て思うのが、GMはセッションを記録に取るのが楽だなぁということ。

私がGMをやる時は、周辺GMの手法に倣い、
PCの設定を可能な限り拾えるようキャラ作成後にざっくりと設定を書いて頂くシートを準備しています。

PLはキャラ紹介時にそれを自分でメモを取っていくしかない。
私は字を綺麗に早く書くのが苦手なので、
メモに注力するのが難しく、大体キャラ名と印象に残る設定のキーワードをメモするにとどまっています。
セッション中も大きな出来事、例えばマギカロギアでいえば運命変転とか。
魔法戦の過程もGM側ではある程度データとして管理する必要があるので、記録を取るのは楽でした。
結果、内容が思い出しやすい。

恐らく同じシナリオを何回も回すことでこれは多少変わってくるのでしょうが、
それでも「ああこの卓ではこんなキャラいたなー」っていうのは、GM側の方が覚えやすいなぁと思いました。

PL側でも印象的な内容を都度メモなり記録しておけば残すことは出来るのですが、
シナリオの根幹である謎解きの部分や演出方法、
メモだけでは拾いきれないPCの挙動の拾い方、
アドリブで要求される総量がGM以上に大きいです。
これはシステムによるところが大きいかもしれませんが、私はこんな感じの印象。

完璧に記録を取ろうと思えばもう録音するしかないのですが、
それを後日聞くかというと、せいぜい後日GMが自分のプレイングの反省材料に使うとか、
リプレイを作らない限りはそんな感じなんじゃなかろうかと思うのです。
1回は経験したセッションですし、セッション1回につき5時間とかかかりますし。

その点テキストでのオンセは優秀ですね!
相当昔にしかやったことないですが、時間はかかる反面文字列で勝手にログは残ってくれるので。



しかし回数を積めば積むほどTRPGというのは何処か儚い趣味だなぁと思いました。
映画や小説は読み直しが効きますが、セッションというのはその日1日のその瞬間しかない。
私の中では取り組み方のスタンスの違いから真逆とも思えた趣味、
カードゲームプレイでも、対戦中の思考、緊張感はその対戦その瞬間しかないという共通点があります。

まぁ人間が全知全能な生物でない以上概ねの事柄はこれに当てはまるような気がしますが、
自分が楽しみにしているものがどういうことか、というのを掘り下げると
意外とそういう所にあるかもしれません。

気分が沈んでいる時にこれを掘り下げはじめると、
言ってしまえばその刹那的な快楽に対してただただ悲観的な物の考え方になるのですが、
今のところそこにどういう意味があるのかは見出せずにいます。

まぁ、今は一期一会の精神でその時その時を楽しめればいいのかな。
寿命がある生物ならではの悩みですよね、これ。

14.11.03 マギカロギアオンリーコンベンション第二刷「彩られし魂の読路」

  • 2014/11/04 23:30
  • Category: TRPG
皆大好き石島さんが主催するマギカロギアオンリーコン、行ってきました。
正直勝負事でぼろ負けした後だったんで体力もつかなぁと心配だったのですが、
要らぬ心配でしたね!

身内以外ではなかなか見かけないマギカロギア、なんと今回は昨年の2倍規模の9卓。
GMも玄人揃いに見え、どのシナリオも本当に面白そうで悩みました。
中でも今回予告と時間超越物のテーマに惹かれたミカミGMの卓を選択。

「百年物語~私は永遠にあなたと共に~」

同卓したのは
魔法使いと思えぬ実直さと常識的な落ち着きが映える良き同業者であり旧知の友"草壁 読"
(男性/書警):keiさん

実はあらゆる意味で人智を超えていた?! 121代目天皇"孝明"
(男性/訪問者):原田さん

熱く静かに燃え上がる渋い台詞はさながら武人。虎のような青年・猫"三毛 猫太郎"
(男性/異端者):YOKさん

そんで30代男性司書、藤野蘭加。
マギカロギアはこれで8回だか9回だったと思うのですが、
実は司書をやるのは初めてでした。

普段よく遊ばせてもらっている石島GMの殺意が高いのもあってか、
サポート系はルールを熟知した周りに任せがち。
あとはまぁ、彼以上殺意高いGMはきっとなかなかいないだろってことで
今回はかなりフレーバーを優先した組み方をさせて頂きました。満足!

RP以外のところだと、
魔力は初っ端1を振ってから延々戦闘は任せっぱなし、
変調喰らって支援は封じられるわ戦闘面の役回りは本当残念な感じでしたが、
詩篇で魔素飛ばすマンになって何とか凌いだ感じ。
いやほんと周りの出目に助けられました……(笑

シナリオは史実をもとにした練り込みが凄まじい。
ギミック的な部分でも沢山あるシーン表やら自動アンカー生成システムが楽しかったですね~。
どろどろのヤンデレヒロインを救う感じのしっとり系シナリオなのと
結構へびぃな史実を持ってきてるんでこのアンカー生成システムは素直に上手いなーと思いました。
いやあ大好物ですこういうの。
シナリオを通して史実にも興味が沸きました。
惜しむらくは、自身にそこまで突っ込んだ知識が無かったこと!
勉強した上で記憶リセットしてまたやってみたら更に楽しめるんだろうなぁ、という感じでした。

以下は自キャラ語り。


14.09.07 マギカロギア初GM記録「神使喰らう隠れ処の宴」

  • 2014/09/15 13:02
  • Category: TRPG
八百万の神に愛されし小さな島国、ここ日本。
人里離れた山奥の集落に伝わるいくつもの伝承。

それは神々に対する信仰か、畏怖か、それとも。
言の葉に乗じて猛る"あやかし"の正体やいかに。

魔導書大戦RPGマギカロギア
「神使喰らう隠れ処の宴」


TRPGマギカロギアでまさかまさかの初GMをやらせて頂きました。
1年前にシナリオが降ってきてから踏ん切りがつかず、
この度舞い込んできたRole&Roll Vol.118ミニサプリメントの「狩乃季節」を読んでしっくりきてしまったのでつい勢いで。

GMをやる側としては恥ずかしながらルールに若干不安な点があったため、
慣れていて落ち着いて出来そうな身内面子を招きました。
以下、PC順。

殺戮に独自の美学を持つ美しきブロンドの殺人鬼"セクメト=フェニクシア"
(女性/訪問者):石島さんこと雪沢瑠輝さん

身内の冷たいあしらいにも健気に奮闘した幸運の女神"木邑 真白"
(女性/司書・学院):西明寺弥生さん

修行は大妖怪の頂に登り詰めるその時まで。素朴な八尾のお狐様"箱根シズカ"
(女性・異端者):KAIさんこと水瀬海人さん

無邪気な魔割尾、三尾の化け狼。山村の奥地で対峙するはかつての自分であったのか。"山神ミオ"
(男性・外典):ぱうだぁさん

お陰様でやりたいことは概ね出来てしまって、このシナリオはもう回すことは無いでしょう。
以下、反省点含めてキャラ設定等を記録しておきます。

【TRPG】ダブルクロス3rd プライベート卓 110917

  • 2011/09/19 23:24
  • Category: TRPG
シナリオ等の細かい説明は省くので、参加者向けの記事になります。
とはいえ、自分用の反省点をまとめただけですかね。


初セッションです。
オンラインセッションはオリジナルシステムで数回ありますが、オフは初めて。
とりあえず6面ダイスと筆記用具を持って北上しました。
久しぶりの栃木。
隼さんの夜鳴草に同乗することもできましたが、ここ最近の車酔い頻度を考えて自重。
元々強い方でしたが、2時間以上はやや不安。
しかし田舎の景色は良いですねぇ、電車の旅もなかなかのものです。
府中は田んぼや畑に囲まれていましたが、北区に引っ越してからはさっぱり見ていませんでした。

駅で石島さんに拾ってもらい夜鳴草と合流。
マックでお月見。
これ食べるのも久しぶりだなぁ、ベーコンがジューシーでなかなか合うのですよね。
アイコンチキンは油に苦戦しながら完食、
クリスマスはこれで良いな。

Pagination

Utility

Article

Profile

例 / 01ym

  • Author:例 / 01ym
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。