スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14.04.08 3泊4日近畿周辺旅行2日目 -雄島-

東尋坊~雄島間の道中から。
色々と悔いの残る地。




【東尋坊~雄島間 荒川遊歩道】

まあこの辺は坂道や多少段差が多くても整備されてるんであんまし景色は変わり映えしないんすよね。
ずっと海だし。

ちょくちょく振り返って東尋坊が小さくなっていくのを見る。
遠目で見るとほんと名所って感じはしないんだよなぁ、東尋坊(笑

IMG_0532 - コピー

雄島警察署。
死体流れ着いてきたらここが対応すんのかね……なんて邪推しつつてくてく。

もうなんかこの辺まで来ると漁道具が結構並んでる漁師の街。

IMG_0535 - コピー

の猫。
かわいいけど移動の仕方がうさぎ跳び。脚怪我してんのね。
めっちゃ怖がられていてかわいそうなのでとっとと去る。


【雄島】

IMG_0546 - コピー

着いた着いた。
人いなさ過ぎてびびる。
時間にして12時前、割と風が強く寒い平日とはいえ、東尋坊はそこそこ観光客いたのになぁ。

事故多発で有名な雄島トンネル撮り忘れましたね。
オカルトで有名なのか実際多いのかは不明。

IMG_0549 - コピー

振り返ったり引き返すと海に引きずり込まれると言われる赤い橋。
どうでも良いけど、入る前の看板から聞こえてくる風の音が割と真面目に動物や子供の泣き声のように聞こえてびびる。
木と木のほっそい間の隙間風って高い音になるからね。

割と油断すると吹っ飛ばされそうなくらい風が強くてそっちの意味で怖かった!
橋から見える景色も写真撮ったんですが、全部の写真に風強すぎて束ねてる髪が写ってた。

IMG_0574 - コピー

島に入る前の階段。右手におみくじ。

綺麗だなー、と思いつつこれ高さある上に岩のでこぼこ加減が結構トラップで登るのも下るのもちょおおお怖かった。
しかも雨上がりで結構湿ってるし。
この島オカルト以前に自然のまま残してある部分が多いので結構気を付けないと普通に事故って死ねる。
ここで頭から落ちて血まみれ死体とか、絵になりすぎて逆に幽体離脱して見たいですわ。

ところで雄島には一応回り方があるんですが、良く知らずにきました。
階段登るところで地元民ぽいご老人とすれ違ってちょっとほっ。
なんとなく右回りで。

IMG_0575 - コピー

右側の方。左の道が中央通る道で、右が大回りで割と自然いっぱいっぽい道。
こういう時はあえて遠回りで険しそうな道を選ぶもんだぜ!

その後も分かれ道があったんでとりあえず右へ行く。

IMG_0576 - コピー

唐突な凄い寒気と鳥肌。なんかめっちゃこっち来るなって言われいるような気がした。
あと蜂2匹くらいにめっちゃ追っかけ回された。普通にこえええよ!

一本戻って左を行く。

IMG_0577 - コピー

まぁ、雨上がりなんでちょいちょいこういうぬかるみはあるんですが……。
なんかめちゃめちゃこっち来るなって言われてる気がしたんですよね。
そしてこの直後、右肩にカラスが2回激突してきた。痛い。
蝉だったら分かるんだけどカラスっておま。

基本オカルト的なことは信じてないんですがなんか割とぞわぞわっとしたので
精神衛生上渋々中央の道を行くことに。

IMG_0583 - コピー

うーみー。
でもなんかここの海凄い物悲しいんですよね、前述した出来事による気分のせいだったと思いたい。
けどやっぱこの写真見返すとなんか物悲しいわ。

海の方に近寄ろうとするとなんか自然と足が怯むというか、なんか物凄くしんどかったので有名な磁石岩は諦め。

心霊スポットが心霊スポットと有名になる原理としてその場の磁気によるものという説が有力なんですが、
いわゆる霊感が強いってのはそういう敏感ということなのかね。
割と動悸が激しくなったりして大変でした(笑

霊はいないと思うよ。多分きっと恐らく。

IMG_0584 - コピー

こういう分かれ道がちょいちょいあって楽しい。
道の先に小屋があったらとりあえず行くよね。

IMG_0585 - コピー

窓はカーテンで締め切られ中には小鳥箱が……なんて雰囲気ですが普通に掃除用具がありました。

IMG_0589 - コピー

みぎむけーみぎ。
こっち行こうとするとめっちゃ吐き気するのなんなん!

IMG_0591 - コピー

ひっだりー。
半周して帰る道。

せっかくだから全部見ていきたいなーと思いつつただ事ではない動悸と嫌な予感に負け半周して戻ることに。

IMG_0594 - コピー

そん時の心境を表す看板がちょうどあった。

海を見て吐き気がすんのは船酔いだけで十分よー。乗ったことないけど。

IMG_0596 - コピー

ふっつーの自然がいっぱいの島なんだがな。

IMG_0597 - コピー

重要文化財、大湊神社。
ここでもしかしてと思い休憩しつつぐぐったら案の定逆回りだった。
時計回り、つまり左回りだとオカルト的には安全なんだとさ。
まーどうでもいいんですが。

一説には、ここに参拝して清めてから入ることで身を守るとかなんとか。
どちらにせよ、私は普段無宗教な癖して神だなんだってお参りするの筋が通ってない感じがしてあんま好きじゃないんで、
人との付き合いでしか手を合わせないんですけどね。
神社の雰囲気は好きなので見かけたらとりあえず入る。

IMG_0598 - コピー

東尋坊を望む。
何処か神秘的。

IMG_0603 - コピー

がくごと落ちた花が美しくも物悲しい。
写真だと伝わらないけど、木漏れ日にこういう風景って染み入るものがありますね。

実際がどうであれここが心霊スポットとして有名になるのは東尋坊を除いてもなんとなく分かる気がします。


また機会作れたら、全て見て回りたいですね。
東尋坊と雄島は人のいない時期時間に1人で来て1人で浸るのが1番良い気がします。

美しく物悲しい島でした。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Article

Profile

例 / 01ym

  • Author:例 / 01ym
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。