スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りに怒れる怒れりれ

何事にも咀しゃく回数が多い方が事故らないけど、
やりすぎると本来の味が良くわからなくなってくる話。


怒りという感情が嫌いです。
他人が怒ってるのはどうでも良いけど自分が怒りを抱くという状況が許せん。
怒ると疲れるし自分が感情的になっているということ自体が格好悪い。

この辺については人間である以上仕方ないと思うべきなんでしょうが、
感情的にならないことは格好良さの1つだと思うので私はそうでありたいんじゃよ。

この時点で既に怒りという感情に怒りや憎しみを抱いてしまっているので本末転倒なのですが、
問題はじゃあどうやったらなるべく怒らずに済むかということ。

私が無意識のうちに実践していたのは怒りの感情について分析するということ。
例えば駅で階段を下りていたらバッグをどかっとぶつけられたとします。
まぁ概ね相手の罪意識が少ない理不尽な暴力として共感頂けるのではないでしょうか。

ここで考えるのが
・降りる場所は流れに沿っていたか
・自分が下りる(上ぼる)速度がとろ臭くなかったか
・正面からの衝突の場合事態を予測できなかったか
・そもそも混雑なので大体仕方ない
・ていうか他人が自分に気を遣う理由が無い

といったよーな感じ。
最後の方投げやりに見えますが、
怒りを収束させるのにはそもそも他人が「こうしてくれる」「普通ならああしてくれる」と期待しないことが前提です。

自分なりの結論がまとまらなくても、考えている間に感情がだんだん落ち着いてきます。
私の場合は連想ゲームのように全く別の話にとんでいて考え始めた発端を忘れることも度々あります。

でもこういう考え方がある、あれもある、このパターンもある、
とものの考え方を枚挙していると、
自分が本当はどうだったのかよくわからなくなってくるんですよね。
私の場合はそれが自律神経の不調に現れました。

またそれとは別に、
理不尽なことに対しては何でもかんでも許すのではなく、あえて怒りを露わにすることも重要です。
ただ怒らずYesマンになるのは自分が無いの同義。

言葉のキャッチボールは考えられる時間に限りがあるので、
どうしても怒りを抱きつつ反ばくする場合は語気や表現に感情が表れやすくなってしまいますが。
そこを少しでも冷静に対応できるよう瞬時に考えられる癖をつけておくのも大事ですね。
自分の目標の1つ。


とまぁ
「例さんの怒り方は嫌味がなく子供を叱る言葉としてお手本にしたい」
というようなことを会社の同僚から言われてちょっとテンションが上がったのでまとめてみました。
自分の弱みでもあるんですけどねこれ。
どうせなら強みとしてもっと鍛えていきたいものです。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Article

Profile

例 / 01ym

  • Author:例 / 01ym
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。