スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから論理ロンリー切なくて

タイトルを「論理的に話せ!という非論理的要求」とするか迷いました。
結論は以上です。

対話を行うのに言語が必要である、というのがもはや面倒臭いんですよ。
相手の意図を履き違える度に内省的価値観を持つ己の機関から文盲とか言われるし、疲れることこの上ない。
言語という概念を使わなければ意思疎通を行うことすら出来ない下等生物めが。
最近は人間のことをそのように考えます。
何もかもが面倒臭い。

とはいえですね、会話を行う上で論理的に且つわかり易く明快に受け答えせよという使命は世間というなにがしからは課せられている訳で。
死ぬほどどうでもいいけど最低限でも出来ないと生きていけない。

この論理的、という言葉が嫌いで嫌いで仕方がない、という話を1年前くらいにどっかのツイッターで吐き捨てた記憶があるんですが、ふと思い出しました。
それを不意に言語化したくなったんです。

正しい日本語なんたるか、という説教をかます気はないし私自身日本語どころか言葉そのものについて全く自信がないのですが、そういった防御壁を整えた上で論理的、という言葉を紐解いていきますと、どうもこれはその人間にとっての正義、と言い換えても良いニュアンスの言葉であるように思えます。

というのも、論理の前提として理論であり理屈があり、例えばある一定の範囲内でこの理論が普遍的であり絶対的に変わらないもの、と定義されているのであれば、ははあそれはその理屈に従って説明せねばなるまいね、とそれでお話は以上終了なんです。
ただこの理論であり理屈の部分、どうも定義が広いらしい。
曰く「その人間個人の理屈」なんだとか。

はぁ。

一般論、という物を持ちだすのも吐き気を催すくらい嫌なのですが、まぁ一般的に「論理的に話せ」だの「論理的に云々」なんぞや、という言葉はよく聞きますよね。とりあえずわしゃあよく聞くしよく言われた。耳タコ馬耳東風って感じっすが。

さてさて、言語の定義の話をしている所で別の話を持ち出しますが、ここで要求されている「論理的」とはなんなのでしょう。

ここで、冒頭で漏らした物臭コミュ障が拗らせた言い方を致しますと、人間とは意思疎通に言語が必要であることによって言語による意思の統一が不可能である、という一見すると矛盾に満ちた理屈があるんですな。
無駄に小難しくしてみましたが、要はてめえの考えていることはてめえにしか分からねえから言語化できる範囲には限りがある、故に意思の統一は不可能、という意味でございます。

つまりですね。
意思疎通を行うには、言外の意図を探り、観察し、ああこの人はこういう意味でこの言葉を使っているんだな、その為にほにゃららな方向性の回答を要求しているんだな、などと拾い上げる能力が必要になる訳です。
完全に余談ですが、私の考えるコミュニケーション能力とはこれでございます。
でもこれ、突き詰めすぎるとすんごい疲れるし人と関わるのほんと嫌になりますよな。
それで疲れちゃって引きこもりがちなコミュ力のある内向的な人が大好きなんですが、それを助長する婉曲表現の上に行き過ぎた気遣いキチガイてんこ盛りの日本文化はでえっ嫌いです。げろげろ。

完全に逸れましたね。
ま、要はこの「論理的に云々」を持ち出す人の特性を考えたり観察したりしながら答えればいいんです。
こう、理屈に従って分かり易く話せ、といった感じでしょうか。

そう、理屈ね。
誰の?

言葉の定義上は、自分の、でございます。
ただ、ここで論理的、を要求されるシチュエーションを考えてみましょう。
大体議論や提案の場でしょうか。
あああ、IT業界の方はご着席下さい。論理領域の話はしていません。話がややこしくなりますから。

A. 論理的に話してほしい
B. 論理的に考えてそれはおかしい

ぱっと浮かんだのはこの2つですが、同じ意味です。

まずA、こちらは議論中に要求された会話文として噛み砕くと「理屈に従って説明しているように聞こえないので分かるように説明してほしい」というような感じでしょうか。
自分が伝わるような説明をできていなかったならもう一度分かり易く順序だてて説明するとか、手立てはありますね。
ただその上で相手に対して「論理的」の部分、つまり理屈の部分が伝わらなかった場合、悲劇が起こります。

ここでB、論理的に考えてそれはおかしい!
要するに「理屈に従って考えてもそれは変だよ筋が通ってないよ」と言われています。
感嘆符つけると感情的に見えますね。怒られている気がします。

そう、理屈ね。
誰の?

言葉の定義上、自分の、でございます。
つまり説明している自分の理屈が相手に伝わっていない、ということになります。
説明の再要求を行っているかどうか、という相違はございますが、どちらにせよAとBは「お前の理屈が分からん」と言われています。

そう、理屈ね。
もういいですね。だから説明を要求されている自分自身の、ですって。

ほんとかよ。

ようやくこの記事がただの鬱憤を叩きつけただけの生産性の低いものであることに気が付き始めた画面の前のあなた、頭が悪いですね?
別に今日そんなことがあったとか、実体験とかじゃあないんです。
ただ単純にそこら辺に転がっていそうな悲劇を拾い上げて、会話の無意味さを説きたかっただけなんですよ。
論理という非合理に対する怨嗟が続きます。

要するに、
明日地球が爆発するから槍を食べよう。
窓が錆びるから穴を掘って死体を埋めよう。
全て論理的な文章です。

結論に至った過程が省略されすぎていて分からないと思った感覚は正しいと思います。
人に伝える努力をしていない。
ただ、これが論理的であるか非論理的であるかという観点で見た時、その人間が理屈に従って説明している、と納得した時、少なくともその文章は論理的になると言える訳です。

これは人間の理屈を全て言語化できるかどうか、という点が絡んできます。
少なくとも私自身の理屈では人間の理屈を全て言語化することは現状「物理的に」不可能なため、言語化が不可能であるという考えになります。
このことから、論理的、という言葉を根源的に考えた時に、人間1人が発した言葉は全て論理的である、という考え方をすることもできます。

なんで理屈の言語化が不可能なんじゃ、というのは、それが可能であれば感情の細胞解剖が完了しているということで、試験官の中に感情を合成する試みがとっくに始まっているからだと思うからです。
出来るようになる前に人間が滅びそう。

さてコミュニケーションを無視した極論を書いたところで。
こうやって紐解いていくと、論理的という言葉は実に独り善がりで広い意味を持った言葉だなと感じます。
少なくとも、共通の結論を求めて議論する場には適さない。
持ちだすには、論理的という言葉に包括される理屈の部分を全体で定義して同じものであるとして、そこから初めて論理として組み立てていくという作業ができる。

ああ面倒臭い。
それが暗黙の了解となっているか、どっかでずれが生じるからこそ「論理的に話せ」などというある種言葉という共通言語の理屈に則っていない非論理的な要求がまかり通ってしまう訳ですな。

言葉が変化していくものであること、時と場合により意味が異なることがあること、それは確かです。
ただ本来抽象的に扱われるべき単語が具体的な物を要求する場で使われすぎて、もうどうしようもなく面倒臭くなることがあります。
それを汲み取るのがコミュニケーションという作業なんですけどね。

言語の一般的な意味と、相手を思いやるコミュニケーション力って大事だなぁなんて、社会人として生きていると実感しますよね。
大事なのは意味を定義して一つに絞ってしまわないことなんですが、それも度を過ぎると今度は会話が成り立たなくなる。


今日はJAVAのオブジェクト指向とIT業界におけるクラウドという言葉が包括する意味合いについて深く考えていました。
多分そのせいです。
英語が出来ない人間が日本語で物を考えるからややこしいことになるんだね。

言葉の意味を柔軟に受け取る理性がないと人の話を聞けない。
自分なりの確固たる言葉の定義を決めておかないと、考えを伝えようにも軸が破綻して理屈が伝わらない。
やはりそろそろ進化しても良いと思うんです、人間は。

悲劇に悲嘆して死にたがるのは思考停止。でもそこで止まっとかないと本当に気が狂うから参っちゃうよね。
だから時々こうして言語化して自分が理解している論理との乖離を調整しつつ、アウトプットによる感情の調整を図る訳です。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

演繹法を過信するなという話

家にですね、カメムシを飼ってるんですよ。いや勝手に入ってきて放置してるだけなんですけどね。
全長5cmくらいのでっかいカメムシ。3ヶ月ぶりに出てきまして。
でっかいし飛び回るし顔に突撃してくるしでもー大変のなんの。
でもまぁ結構長い期間うちの中にいるみたいだし、そろそろ愛着が涌いてくるかなーなんて。
んな訳あるか。早くうちから出て行ってくれ!
でかくて素早い虫が大の苦手です。生きるのが辛すぎる。

さて、きっかけは二次創作における創作をする側の考え方の話ですね。
何もそれに限った話じゃないのですが。
演繹法と帰納法について細かく考察したことがある人には今更すぎる話です。
自分用に言語化してまとめておこうかなと。

物の考え方には大きく2つの種類があって、1つは
・元々ある前提から結論を導き出す【演繹法】
・事実から類似点をまとめ上げて結論を導き出す【帰納法】
の2種類があります。

ここで重要なのは結論である「仮説」が頭に来るのか後に来るのか、という話です。
創作においてはこの「仮説」がいわゆる創作物として生み出されるためのベースとなる考え方であるとします。

要するに
・原作においてAとBは〇〇、××であるという前提がある、故に「A×Bである」
 →演繹法
・「A×Bである」、その理由を原作から枚挙すれば、〇〇、××、△△……
 →帰納法

というような感じです。
分かり易いのでいわゆるカップリングにしましたが仮説の例えは何でも良いです。

誰しも、意識的でも無意識的にでも、原作を読んだ上の自分の「結論」や感想がありますよね。
ここで出した「結論」は原作を元に順を追って導き出されています。演繹法ですね。
そこから皆さん、これは「A×Bに見える」からそれで創作するぞ!という方が多いかと思います。

これは統計を取った訳ではなくあくまで同人文化に見て触れて聞いた上で、そういう人が多く見えるという実体験の話です。
ただ、演繹法には大前提として原作の流れを汲む、という原作リスペクトの精神があるので、大半の二次創作者はこちらの考え方で作品を見ている、と主張する方が多いのではないかと考えています。私も通りすがりにどっち?って聞かれたらこっちって答えます。

一方で、帰納法は始めから「結論」ありきです。
例えば原作を追いかける前に顔を見て、この顔はBを受けにしたいから「A×B」、
このキャラはこう動いてほしいから、こうであってほしい。
要するに理想の押し付けですね。
結論に対してその根拠を枚挙する訳だから、どうしても偏った見方になります。
原作のイメージから大きく外れた、アクの強い二次創作が人を選ぶのは、この帰納法の考え方が根底にあると考えています。

ここで考えたいのは、その演繹法は本当に演繹法なのか?と疑うことが重要であるという話です。

作品を鑑賞する、という行為には主観が付きまといます。
どんなに客観的に見ようとしても、その人間が考えられる以上のことは考えられないので、その人間の視点にある一定の偏りが発生します

分かり易いのが、好みのキャラですね。
好きなキャラが出る回はやたらと集中して観たり、主人公ではない好きなキャラを中心に物語を追いかけてみたり。

好きなキャラ、というのは人によって多少の傾向が出ると思います。
二枚目のキャラを好きになりがちだったり、ダークヒーローに傾倒しがちだったり、頭の良いイケメンクールキャラに惚れがちだったり、それでいて人間味のある弱さを持っており自分の意志を貫く戦闘狂を好きになりがちだったり……。
いやすいません。今は丸藤亮の話をしているんじゃないんですよ。

要は、好きなキャラは何をもって好きなのか?という話です。
傾向が出るということは、そのキャラクターをそのように分類している可能性があるということです。
「クールである」「戦闘狂である」「二枚目である」
なんでも良いですが、それはある種の仮説として自分の中に落とし込まれている事実です。
原作をもとにそのキャラが好きであるという事実が発生する過程で、既に演繹法によって「そのキャラが好きである」という結論が発生しています。
この結論、そのキャラのここが好きである、に置き換えてみましょう。
それがそのままその人の傾向であり解釈であり創作をする際中心となる考え方になります。

さいで、噛み砕いてみたところで。
その結論は本当に演繹法によって導き出された者なのでしょうか。

物語を追いかけて結論を導き出す、演繹の過程で帰納の考え方が発生しています。
この例で考えると、そのキャラに対してこうである、という属性を押し付けていますね。
無駄に長々と書きましたが、
要するに自分が傾倒する物に対しては何をどう頑張っても理想を押し付けがちになるよ、という話です。

この事実から、私は人間が物を考える過程はすべて帰納法に帰結する可能性があると考えています。
大枠が演繹で、自分の頭でそれが考えるに値するものである、と稼働を始めたタイミングで帰納法に移行するというイメージでしょうか。

この記事でやりたかったのは演繹だと思っている物は実は帰納かもしれないよという根拠を具体的に書いてみたかっただけなので、以下はこの考え方がどういったメリットを生むのか、どう生かしているのかという話を中心に書いてみます。
主題はここまでです。お疲れ様でした。

以下余談、あくまで自分はこうだよという話。

2014世界レギュ練習会 会場までの案内図

駅から会場までがやたら遠くてすみません!
最短ではないですが分かり易い道を紹介します。JR池袋駅からの道のりです。

遅刻ペナルティの適用がすこぶるめんどくさいので(一応規程ルールあります)
皆さん頑張ってきてください。

以下写真多め。

プレイスタイル

とりとめのない駄文です。


7時半頃、地震に起こされ二度寝で14時。
早起き出来たら1日中チェルモで遊び倒すつもりだったので残念です。
とはいえ、前日は体温37.5℃と、それなりの高熱。
風邪の病み上がりだったのでこれはこれで良かったかも。
明日は3年半ぶりのTOEICの試験の後、
秋葉原チェルモ1700からのスタンに参加します。

休日の暇つぶし

かーごめかごめー
goti2.jpg


          \ どや /
goti1.jpg


逆立ちの方が安定するゴチミル。
goti3.jpg


平和な休日でした。
ポケモンセンターのプリントおせんべいが美味しかった。

コミケ後の遊びのお誘いとアンケート

9月下旬から11月くらいに赤羽周辺でポケモンカードの自主開催イベントをやりたいなぁ、
なんて思ってます。
昔やった猫背杯みたいな感じでまったーりと。
なので、いつ頃が良いか検討するためにアンケートをとりたいです。
参加する、しないに関わらず、
・大学生だとここからここがテスト
・子供の運動会、文化祭等でこの日は無理!
・この時期は仕事が多忙すぎて無理!
といったことを教えて欲しいです!
名前はてけとーで良いので、通りがかったポケカプレイヤーの方、
コメントに書き殴っていって下さい。

まぁ分倍河原以上に施設の予約は取りづらそうですし、
まだちょっとどうなるかわかりませんがね。
サブイベント検討中。
タッグバトルの大会やりたいなぁ……。

追記はコミケ後の遊びのお誘いです。

旅行欲

京都、奈良、北海道、沖縄、広島、北陸、
イギリス、イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、アメリカ、ベトナム、ギリシャ。
ぱっと思いつく限り挙げてもこれだけ挙がります。

資金の都合で遠出はできないのですが、行きたいのは遠いところばっかりなんですよねー。
昔は1人旅と称してほとんど何も持たずにふらりと5日程山道をさまよってみたりもしましたけれど、
流石にあの時のような暴挙はもう出来ませんよ。
せいぜい鈍行でネカフェを渡り歩くとか、そんな感じになりますかね。
物騒な世の中になりましたし。

学校の海外研修組は今頃バルセロナでうはうはですよ。
いいなー、いいなー、いいなー……。
まぁ、海外は特に、将来余裕が出来て教養もそこそこ身についたところで行きたいですね。
本当にいつになるだろう、40代くらい?(苦笑
それまで生きてるのかなぁ。

美術館や博物館に行きたい欲もそうなのですが、
特に未知の物の前や異空間に自分を放り込む、というのは新鮮なものです。
行く度「もっと勉強しておけばよかった!」と思いますし。
もっと本を読んでおけばよかった、とも。
私は最近それを痛感しております。

そんなことよか、とっとと課題を消化しないとなぁ。
この間夏休みの課題リストなるものを挙げましたけれど、
あれ以外にも「避難所のプライバシー確保の為の空間を考える」なんて課題がありました。
要するに体育館などで過ごすときに使う仕切りのような物なのですが、
これがなかなか難しい。

そういえば、ポケモンの映画は寝坊が原因で3日とも流れてしまいましたね;
レシラムの上映時間が早くて。
明日あたり秋葉原チェルモ参加ついでに観に行きたいかなぁ。

Pagination

Utility

Profile

例 / 01ym

  • Author:例 / 01ym
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。